ダイヤモンドヘッド三十六景 No.1

ワイキキ・ベイ

『ダイヤモンドヘッド三十六景』は、2014年より始めたシリーズ企画です。ホノルルのランドマークであるダイヤモンドヘッドを望むオアフ島の景観を、36作描いていく予定です。現在、5作目を制作中です。

学生時代に受講した写真のクラスで、テーマを自分で決めて10枚のシリーズ写真を撮るという課題がありました。私が決めたテーマは『ダイヤモンドヘッド十景』でした。このときにダイヤモンドヘッドの美しさにあらためて魅せられたことが、卒業後に今度は写真ではなく絵としてシリーズを描き始めるきっかけになりました。

ロイヤルハワイアンホテル前のビーチから望むワイキキ・ベイとダイヤモンドヘッドです。ポストカードなどでもおなじみの風景をシリーズ1作目に選びました。2羽の鳥は、『ホノルル市の鳥』であるマヌオクー(シロアジサシ)です。ワイキキビーチ上空を優雅に飛ぶ姿が実際に見られます。

ダイヤモンドヘッド三十六景 No.1『ワイキキ・ベイ』